ライティングサービスCopywriter

「売る」中枢を担うのが、コピーライターの仕事です。

文章を扱う職業といえば、小説家やコラムニスト、ライター、記者など、様々な職種があります。
そのなかでも、コピーライターは広告文を専門に扱う専門家です。
短く簡潔で、誰にでもわかるような文章は理想ですが、
コピーライターの書くものは、それだけでは収まりません。

重要なのは、お客様に読んでもらい、共感を呼び、
なおかつ購買やお問い合わせなどのアクションにつなげる…

コピーライターの仕事って、一筋縄ではいきません。

内容がいかにすばらしく美しい文章であっても、
お客様の反応がなければ、広告はその役割を果たしているとはいえません。

新聞広告やテレビCMなどのマスメディアでは、
反応率よりもイメージ先行の広告が求められるケースもありますが、
中小企業をはじめとするWEBサイト、チラシ・DMなどでは、
まずはお客様の反応を数値化して、その成果が問われます。
	
この場合、コピーライターは、反応を大切にするコピーをつくり、広告効果の最大化を狙います。

広がり続けるコピーライターの役割

コピーライターの役割は、伝わる広告文章をつくることにありますが、
ライティング(広告文作成)前の「企画・構成・コンサル」といった部分にも、
注目やニーズが集まっています。

この場合、コピーライターはプランナーの力量も試されることになります。

実際、近頃のご依頼内容の中には、制作業務だけでなく、
広告に関する各種相談や広告コンサルのご依頼も増加しています。
既存の広告に関する改善アドバイスや調査診断を実施した後、
広告の企画を新規に立ち上げて、プロモーションを行ったというケースもあります。

こうした場合も、
私どもは、コピーライターの枠を超え、
多角的な視点から貴社に最適な広告手段をご提案しております。

コピーライターの役割1【企画力】

キレイなデザインに、効果的な文章を配したはずなのに、広告の反応があまり良くない…。
ご相談いただいた中には、こうした事例もよくあります。

なぜ、反応が出ないのかといえば、「誰にどのような手段で、適切なメッセージを届けるのか?」
このような視点を欠いたまま、プロモーションを行ってしまったためです。
また、媒体選びやキーワード選定(WEB関連)の間違いなども、失敗理由として挙げられます。

新聞を読まない層がターゲットにもかからず、新聞広告を利用しても効果は望めません。
また、パソコンを使わない高齢者向け商品のプロモーションを、
いくらネット上で行っても効果は限定的となります。

わたしどもコピーライターは、こうした非効率的な広告を廃し、
特定の手法に縛られることなく、徹底した広告効果の最大化をめざします。

適切な媒体選び、ターゲットの想定。
そして、人がアクションを起こすためのメッセージと企画。

どのような広告でも、正しい戦略と検証に基づいて、制作と出稿を行うことが重要です。

コピーライターの役割2【文章力】

「広告はまず読んでもらえない」。これが広告制作における前提条件です。
わざわざ広告を読もうと思い、チラシや雑誌を手にする方は皆無といえます。

それでも工夫を凝らし、広告を読んでもらわなくてはなりません。
書く際は精読率を高めるため、あらゆる工夫を行っています。

読んで頂くからには、少しでもおもしろく。
読んで頂くからには、少しでも役に立つものを。

広告文には、読む人にとって少しでもプラスになる内容がベターです。
また、単なる自己アピールではなく、商品やサービスを利用することによる、
お客様のメリットを強く打ち出しましょう。

また、掲載する媒体によって、コピー(広告文)は書き方や内容を変える必要がある、ということ。

たとえば、新聞広告で大きな反響があったコピーを、
そのままWEBサイトに転載しても反応が得られるとは限りません。
新聞広告には新聞広告に合致したコピーの書き方があり、
WEBサイトにはWEBサイトのコピーの書き方があるのです。

それらの特徴と手法を十分に理解し、
多様な経験とスキルを元に、最適なコピーを作成し、広告効果の最適化を実現します。

コピーライターの役割3【学習力】

広告文を書くためには、PRする商品やサービスを充分に理解することは、私たちの責務です。 そのため、わたしどもは担当者様に入念なヒアリングを行い、 商品やサービスに関する調査・研究を必ず行います。 広報資料はもちろん、仕様データや競合製品の比較研究も行い、 肝となるセールスポイントをじっくり検討します。

経験上、付け焼き刃の知識で書いたコピーがうまくいった試しはありません。

弊社では多様な業種のクライアント様とお付き合いしております。
そうした経験から、各分野に対する知見を広げるとともに、未知の分野に対する学習力を磨くことも致しております。
インターネットはもちろん、専門書や業界新聞を読むことで、
基礎的な知識は身につけることができます。
そして、経営者様や広報担当者様から話を伺い、基礎知識にしっかりと肉付けし、
結果、広告文の精度をグッと高めていくのです。

商品やサービスが専門的すぎて、広告を執筆できる人間がいない!

こうしたお悩みにも、業種・商品の専門性にかかわらず、
確かなクオリティのコピーをしっかりと作成いたします。

まずはお気軽にご相談ください。
		
トップへ