パンフレット&カタログの制作事例

「人」にフォーカスしたコンセプトカタログ

会社案内イメージ
表紙

  • 企画
  • デザイン
  • ライティング
  • 印刷
  • 形式:A4フルカラー
  • 紙種:最高級上質紙(135kg)
  • 全ページ数:34ページ
  • その他:ヒアリング、インタビュー
  • 制作期間:約半年

パンフレットイメージ
中面(インタビューページ)

パンフレットイメージ
中面(サービスの流れを解説)

パンフレットイメージ
中面(インタビューページ2)


制作のポイント

クライアント様は一般住宅の建築、設計、施工、販売を行っている不動産会社様です。 この会社様には、各分野に精通したスタッフが多数在籍しており、 弊社からは、「人」にスポットを当てたコンセプトカタログのご提案をさせていただきました。 企業の理念や魅力を伝えるためには、単なる情報の羅列ではなく、 スタッフさまの「働く姿」や「生の声」にこそ、説得力が宿るはずだと考えたからです。 各事業部ごとに章立てを行い、スタッフさまに個別取材をお願いしました。 実績、写真なども織り交ぜ、さまざまな角度からクライアント様の特徴、魅力を伝えます。

担当ディレクターから

コンセプトの策定に2週間かかりました

当初のご依頼は、自社PRを行う媒体を作りたいというお話でした。 内容や企画はまったくの未定でしたので、ご担当者様や社長さまと打ち合わせを重ね、PR企画を模索しました。

お客さまにとって、住宅の購入は大きな大きなイベントです。 自分もお客さまのひとりになって、「心に響くものはなんなのか?」を徹底的に考えました。

競合他社の資料はもちろん、住宅雑誌なども取り寄せ、 差別化のポイントを探り、企画を少しずつ練っていきます。

大事なことは「人」

住宅を購入する際、依頼先の会社を選ぶことはできますが、 担当者や実際の施工を誰に任すのかまでを選ぶことはできません。

お客さまの信頼や安心に応えるのは、 実際に自分のマイホームづくりを行う「誰か」です。

今回のクライアント様では、 住宅に関する各部門(設計、施工、金融、営業など)の専門家が揃っていました。

経験・知識・実績も豊富です。

この点にスポットを当てて、コンセプト冊子として一冊にまとめることを考えました。

スタッフさまにインタビュー取材

スタッフさまにご協力をお願いし、取材を行いました。 一度にすべての取材を行うことはできなかったため、部署ごとに分けての実施です。

スタッフさまによっては2時間以上に渡って、たくさんのお話をしていただきました。

文章はすべて社内で作成。

何度も社内チェックと書き直しを行った後で、 スタッフさまに内容のチェックをお願いしました。

取材のスケジュール調整や原稿の作成にはたっぷり時間を掛けて、 数ヶ月がかりのプロジェクトとなりました。

コンパクトな変形サイズをご提案

カタログの体裁は通常のA4サイズではなく、正方形の変形サイズを採用しました。 これにはさまざまな理由がありますが、

  • コンパクトサイズで、持ち運びしやすい
  • フォルムを変えることで、他より目立たせる
  • 内容が読み物のため、見開きの情報量が多すぎないように

など、実用性と視覚的なインパクトを両立するためです。

紙は「人の温かさ」を伝えるため、手触りの質感に優れた高級上質紙。 本カタログのコンセプトに合った、落ち着いた仕上がりになりました。

トップへ